モバイルデバイスでのiotやm2mで利用する格安SIMの個人契約と法人契約の違い

iotやm2mで利用する物として注目されている格安SIMですが、契約タイプには個人契約と法人契約があります。

仮に何らかのシステムを構築するとしても、それが個人利用の範囲でできるものなら個人契約でも良いのですが、iotやm2mを活用したサービスの場合は法人契約が基本です。

そこで気になってくるのが、格安SIMの個人契約と法人契約とではどのような違いがあるのかです。

実はこの2つの契約方法について調べてみると、極端な違いはありません。個人用プランと法人用プランを利用できるのかという違いはありますが、サービスレベルでの大きな違いと言えばそれくらいなのです。

もちろん法人向けの契約だとデータの管理などがしやすくなったり、新しいSIMの追加が簡単にできるようになったりするメリットもあります。それでは、これ以外にはどのような違いがあるのかという話になります。

実際に申し込みをする際の違いとして、個人向けと法人向けとでは支払い方法に違いがある通信会社もあります。個人用ならクレジットカードでの支払いのみとなっているところは多いのですが、法人用の場合は口座振替や銀行振り込みなどが可能になっている会社がよく見られます。

また法人利用する際は複数回線での契約になるため、契約数に応じて料金が安くなる場合もあります。しかし1回線での契約で見るなら、個人用と比べても極端に安いわけではありません。

どのように利用するのかによって、個人契約と法人契約によるメリットとデメリットは変わってきます。ただしiotやm2mのような環境に、モバイルデバイスを組み込むために格安SIMを使うなら、法人契約の方が確実にお得と言えます。手頃な料金のbsimがあります。

法人だからといっても極端に使い方の違いがなければ、その会社などの代表の人が個人契約をして活用することも問題はありません。iotやm2mと言っても、小規模な物なら個人契約で済ませてしまった方が早いこともあります。

それぞれのメリットやデメリットについて考えて、殿方法が良いのかをしっかりと考えてみてください。